IntelのSSD 335に換装

PC
会社の私のPCが起動に5分くらいかかり、さらにソフトの起動にも時間がかかるので、社長にお願いしてSSDにして頂きました!

HDDからIntelのSSDへの換装は簡単(構成によりますが)で、

私の場合は、SATAをUSB接続出来るケーブルで外付けとして差し、

添付のCDかIntelのサイトからIntel Data Migration Softwareをダウンロードしてインストールし、

HDDからSSDにまるごとコピーします。

ただし、SSDの容量より、HDDの容量(データサイズ)?が大きい場合は、アンインストールするなり、別HDDに移動するなりして容量を合わせる必要がある。

まあ、当然ですね・・・。

コピーが終わったら、HDDとSSDを入れ替えて普通に起動する。

以上。

ちなみに、電源オンからWindows7が起動し、マウスのくるくるが消えるまでの時間を計測すると、

HDDでは1分53秒だったのが、

SSDでは35秒になりました。

約1/4ですね。

それ以外にも、明らかに動作が速くなっているのが体感的に分かる。


↓ベンチマーク

PCのスペックが低いので、数値はイマイチですが。

CPUがCorei5 750、チップセットがH57なので、SATA2となる。

上が335

画像

画像





この記事へのコメント


この記事へのトラックバック