AirMac Time Capsule 2TB と拡張

AirMac Time Capsule 2TB (整備済製品)が届きました。

先日、整備済製品のiPad Airを購入して全く問題無かったのが気に入り、それ以来こまめに整備済製品をチェックするようになりました。

このTime Capsule 2TBも以前から購入しようか迷っていたのですが、最近2台有るうちの1台の無線LANが調子悪くなったので、この際Time Capsuleに置き換えようと思い至ったのでした。

現在AirMac Extremeを使用しているので、そこにTime Capsuleを拡張しようと思います。

※すでに有線ルータがあるので、ルータの機能は使いません。
無線LAN親機(アクセスポイント)として使う。


↓相変わらずぴったりサイズの箱に入ってくる。
画像


↓しかも、本体サイズは同じなのにパッケージの高さが違うという事は、整備済製品専用の箱って事ですね・・・。
画像


↓リファビッシュとあります。
画像


↓持ち上げるとスポッと抜けるので注意。
画像


↓付属品は電源ケーブルとマニュアル類のみ。
画像


↓本体のそこにシールが貼ってあるのも製品と同じ。
画像


↓シールを剥がすと、剥がした側にもリンゴのマークがあるのも同じ。
画像


↓一見綺麗なのですが、所々細かい傷がある。遠目には全く分かりませんが。
画像


↓まあ、結構大きいですよね。3.5インチのHDDが入ってますからね。
画像


細かい傷があっても性能に問題が無ければ良いって人には大分安く買える整備済製品は良いんじゃないでしょうか。

中古とは違い、ちゃんとAppleの保証がありますから。

ただ、物によりますよね。

Time Capsuleに傷があっても別に気にならないですが、MacBookの天板に傷があったらさすがにショックですよねぇ・・・。


初期設定は、Mac、iPad、iPhone、Windowsなどで可能です。

ただし、Windowsは別途ソフトのインストールが必要。

iPadでやるのが便利なので、私はいつもiPadでやってます。

どれでやっても大体同じだと思います。


今回はすでにある接続に、拡張します。

拡張という機能は、例えばAという接続がある場合、Bという全く同じ接続を追加する事を指します。

分かりやすく言うと、

Aの無線LANに、ABCというSSIDが有る場合、
Bの無線LANにもABCというSSIDを設定する事になります。

一連の設定を、AirMacが代わりにやってくれます。

有線側の接続は、

インターネット---有線ルータ----AirMac Extreme
                |
                └AirMac Time Capsule
となります。

(線の位置がずれる場合があります。有線ルータに繋がっています。)

↓最終的にAirMacではこの様な接続図になる。
画像

どちらも同じSSIDとパスワードなので、無線LAN子機からは、1つの設定で近い方のどちらかに繋がる。



目隠しばかりで分かりづらいかもしれませんが・・・。

AirMacアプリを起動します。

起動すると、設定されていないAirMacを勝手に探してくれました。

↓新しいAIRMACベースステーションを設定という項目があります。
画像


↓このネットワークを拡張を選択します。
画像


↓すこし待ちます。
画像


↓完了です。
画像


これだけです。

親機を設置する場所にもよりますが、802.11acの5GHz帯だと家の端から端まで電波が届きにくい場合があります。

その場合、全く同じ設定の親機を複数設置すると、通信が途切れる事無く子機を移動させる事が出来ます。

分かりやすく言うと、Aという親機はリビングにあり、Bという親機は寝室にある場合、リビングから寝室に移動しても、そのままBの親機に接続先が代わります。(完全に電波が切れる場所があるともちろん通信が切れますが)

本来、無線LANは自動的に接続先を変える機能が無いため、近くにもっと強い電波の親機があっても、SSID等の設定が違うと繋ぎ替えてくれません。

全く同じ設定にしてやる事で、いちいち接続先を変える必要が無くなります。

あと、これは場合にもよるかもしれませんが、iPadを持って回ると、近くの親機に勝手に繋ぎ替えてくれるようになりました。


初期の頃の無線LANは、今と違って手動で設定するしか無く、しかもブラウザから繋いで行うしか無かった。

現在の無線LANはというと、国内の例えばバッファローやエレコムから発売されている物は、ボタン一つで親機子機を接続してくれたりする。
これは画期的な進化だと思っていた。

実際、AirMac Extremeを購入する際にかなり迷った所です。

しかし、今回のような設定を国内メーカーの製品で行うには、相変わらずブラウザを起動して、自動設定を切り、手動で設定する必要がある。
つまり、再び退化する事になる。

それがAirMacはというと、ボタン一つで全てを設定してくれるような便利な機能が無く、基本的に全て手動で設定する必要があるが、AirMacアプリという非常に便利なアプリがあるため、手動設定もあまり苦にはならない。
手動で設定するのは同じでも、昔よりも確かに進化している事が実感できる。

そういうわけで、私は今後AirMac以外の無線LAN親機は買わないだろうな、と思う。

ちょっと高いけどね・・・。



↓Time CapsuleにはHDDが内蔵されているので、それをどの様に使うかを設定する。
初期フォルダとしてDataがあり、全てのユーザーに共有されている。
画像


一応MacBookがあるので、TimeMashineの設定はした。

初回は1時間半くらいかかったけど。

それ以外にもNASとして使えるけど、サーバーにしているPCがあるし、それにNASとして使うにはTime Capsuleをバックアップする方法がないため、HDDが壊れる事を考えると重要なファイルを置くには危険。

と言うわけで、今のところ使い道が無いな・・・。


ちなみにこのTime Capsule 2TBは、静かで熱も持たないし、なかなか良い。







Mac Fan 2015年7月号 [雑誌]
マイナビ
2015-05-29

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Mac Fan 2015年7月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック