VT484をWindows 10 Anniversary Updateすると起動しなくなる

PC
Windows 10 Anniversary Updateが出たので、周りのPCを片っ端からアップデートしていったら、VT484が起動しなくなってしまった。


私のVT484はもともとはWindows8.1で、無償アップグレードしてWindows10で使っていた。

Anniversary Updateすると起動しなくなったのでリカバリしようと思ったが、リカバリ出来たり出来なかったりする。


そもそも東芝がVT484の情報を全く出さずに、闇に葬ろうとしてるとしか思えない。
おそらくこの機種は黒歴史なんだ。
当然、動作確認一覧にも表示されないし、そもそもVTシリーズとかそういった項目も用意されていない。

>dynabook

なのであくまでも自己責任でやるしかないのでそのつもりで。



VT484リカバリの方法(公式の通り)

まず電源をオフにする。

電源ボタンと音量+を同時押しする。

Boot Menuが表示されたら離す。

一番下のHDD Recoveryを選択する。
画像



The Hard Drive Recovery・・・はYesを選択する。
※ハードディスクをリカバリする場合はYesを選択せよと書いてある。


画像


Windows8.1の場合は、ここで

トラブルシューティング

PCを初期状態に戻す

次へ

ファイルを削除

初期状態に戻す

で、元に戻せる


しかし、Windows10にアップグレードしたが起動しなかった場合は少し手順が違う。

同じように進めると、上記のPCを初期状態に戻すの所で止まってしまう。

画像



その場合でも選択できる項目を色々試せばリカバリできたんだけど・・・

Anniversary Updateが成功した後、もうリカバリできなくなってしまった。



一応、Anniversary Updateが成功した場合の方法を。


Windows8.1に初期化した状態で、アンチウイルスソフトやいらないソフトをプログラムと機能で削除する。


次にAnniversary Updateのインストールメディアを作成する

インストールメディア自体は他のPCで作成してもいいんだけど、私はこのように接続して作成した。
画像


100円均一でも売っている、microUSBとUSBメスを変換するケーブルの先にUSBメモリを繋げた。


McrosoftのWindows 10 のダウンロードサイトでダウンロードツールを入手する
>ツールを今すぐダウンロード

MediaCreationToolを実行する

他のPC用にインストールメディアを作る を選択し次へ
画像


VT484用にアーキテクチャ32ビットを選択
画像


USBフラッシュドライブを選択
画像


接続したUSBメモリを選択して次へで作成できる。


作成したら、USBメモリ内のsetupを実行する。


なぜWindows10にAnniversary Updateすると起動しなくなったのか分からない。

アンチウイルスソフトを削除するのがもしかすると重要だったのかもしれない?
(しかし他のPCは問題なかった)

USBメモリにsetupを作成するのは、内蔵ストレージの容量を節約する効果もある。
(ただし空き容量は20GB近くあった)


とりあえず最新にはできたものの、リカバリ出来なくなってしまったのは困るなぁ・・・。








iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK
バッファロー
2011-11-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by iBUFFALO USB(microB to A)変換アダプター ブラック BSMPC11C01BK の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック