Panasonic TH-49DX750 を購入した。

Panasonic ビエラ TH-49DX750 を購入した。

これまで東芝のレグザ、37Z3500を使っていた。

これは普通のテレビ。

テレビを見る以外には、入力端子に接続して、ビデオを写す、ゲームを写す。

という事が出来た。

しかし最近のテレビは、OSを搭載していて、テレビ自体にアプリをインストール出来たりする。

で、このDX750も同様、Firefox OSを搭載していて、テレビを見る以外に、色々とアプリを利用できるんですね。


好きなようにメニューを作ったりね
画像



これまではテレビに繋いだ

Amazon Fire Stickでビデオを見たり、

PS4でパソコンのビデオを再生したり

していたわけですが、

最初からAmazonビデオアプリがインストールされているし、

PS4を使わなくても、直接パソコンのビデオが再生できるようになった。

なので、Fire Stickは要らなくなったし、PS4はただのゲーム機になった。


今回ビエラを選んだのは、もちろんビエラリンクを使うためで、

家の中に3台のディーガがあるので、それらをお部屋ジャンプリンクで簡単に操作出来る様になった。


パナソニックで初代全録のBXT3000は、リモコンが無いとチャンネル録画一覧が操作出来ないと思っていたけど、ビエラリンクであればビエラのリモコンで操作出来ることに気づいた。

お部屋ジャンプリンクではフォルダ表示になるので、実質不可能だった。


現在は4K放送は見られないけど、明らかに綺麗に見える。

音は・・・下から出るようなので、あまり遠くまで聞こえない。

なので、シアターバーが要るかなと思ってる。


ちょこちょこ気になるところはあるけど、95%くらいは満足してます。

例えば、音声をシアターに切り替えた場合、電源を入れ直してもシアターのままになっている。

前のレグザでは、AVアンプに切り替えても電源を入れ直せばテレビに戻っていたので、それが割と便利だったんだけど、テレビの電源を入れるとAVアンプの電源まで入るようになってしまったので。

シアターバーだったらこの仕様で良いと思うんだけど。

起動時の状態を切り替えられたら良いのにと思う。


枠が細いのは良いけど、光沢がちょっと。

つや消しだったらもっと良かった。


ディーガには家じゅうの録画一覧を表示する機能があるので、それがビエラにもあれば良いのにと思う。


お部屋ジャンプリンクでビエラの番組表からディーガに録画予約することは出来るが、取消は出来ない。

ビエラリンクであれば可能。


ちなみに、お部屋ジャンプリンクはLANを使用したパナソニックのテレビとレコーダのネットワークで、ビエラリンクは、HDMIを使ったテレビとレコーダのネットワーク。

お部屋ジャンプリンクは予約とビデオ等の再生が可能。

ビエラリンクの方が出来る事が多い。


とりあえずこのくらいで。



DX750が無いな・・・?



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック