OPTIPLEX3020を動画再生専用機にする。その1

PC

動画再生機の条件としては、

・小型

・無音か、それに近い

・できるだけ安く


まあ、こんなところですよね。


今どきなら、Ryzen5が搭載できる、DeskMini A300が真っ先に思い浮かぶんですが、

しかしこれは、本体、CPU、メモリ、SSD、Windowsすべて揃えると、5万は超えますよね。


それに、そこまでの性能が必要ないので。


それで、なんかいい方法ないかと考えていたところ、ふと会社にいくつかある、DELLのOptiplexを思い出したんです。


会社にあるのは、OPTIPLEX 990と9010で、SFF(スモールフォームファクタ)という、そこそこ小さい筐体のやつですね。


ただ、OPTIPLEX 990と9010には問題があるのもわかっていて・・・



中には、Micro ATXくらいのマザーと、細長い電源が入っています。

↓OPTIPLEX990の中身


社内のPCを管理している関係上、何度もパカパカ開けたことがあるので知っているんですけど、構造がちょっと変なんですよね。


CPUがどこにあるか?実は、右上のDVDドライブの下の、HDDの下にあります。


右上から、左上に、ヒートパイプで引っ張っているんですよね。


そして、シロッコファンがついていて、そこで冷却している。


つまり、CPUクーラーを簡単に変えられないんです。


あと、電源ですよね。


この横長の専用電源は、問題があったときにどこまで手が加えられるか分からない。


ファンがうるさかった場合、汎用品に交換できないですね。


でもまあ、金額的にはAmazonで1万円くらいなので、買ってみるかなぁと思っていたところ、実は後継機が出ていたようで、それが今回の3020ですね。


※OPTIPLEX3020番台は、Core i5(Core i7はあるかわからない)のモデルも有るようです。



私が選んだのは、OPTIPLEX 3020 SFFで、同じ1万円くらいの価格で、第4世代のCore i3が載っています。

・Core i3-4130

・メモリ8GB (4GB*2)

・HDD500GB

・Windows 10 Professional 64bit

でした。


Core i3-4130には、動画再生支援もある様で、H.265もフルHDで十分再生できました。

メモリは8GBあれば十分だし、

家で余っているSSD128GBをつけました。

あと、Windows 10 Proが付いている!

(まあWindows7でも未だに無償アップグレードできるんですけど)


で、990や9010と何が違うのか?


CPUの位置が変更されており、左上にリテール品の様な形のヒートシンクが見えます。


シロッコファンは、とにかくうるさいので好きじゃないです。



電源の形状というか、電源ケーブルの形状が990や汎用のものと別物なので、それが良いかどうかはわかりません。


ただ、DELL用の改造パーツがAmazonでは沢山あるので、そういう意味ではちょっと変わった自作が楽しめるかもしれませんね。


トラブるのは目に見えてますけどw



つづく



↓交換電源も一応あるにはあるんですが、純正品って書いてるけどほんとに純正品かな?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0