フルプログラム可能 メカニカルキーボード カスタマイズ自在 左手ゲーミングキーボード 23キー マクロキー RGBバックライト 片手 小型キーボード ショットカットキー プログラマー向き DIYキーボード (赤軸 RGB(ブラック))を購入した。

PC
先日、グラボを購入してから、Cities: Skylinesにハマってしまい、Planet Zooどころでは無くなってしまった。

めっちゃハマりますね~。

それで、もっとハマりたいと思い、左手用キーボードを購入することにした。

普通、キーボードのキーって、配置が斜めになっていて、AWSDが押しにくいんですよね。

それで、配置が真っ直ぐになっている、これにした。

商品名が、Amazonで、
フルプログラム可能 メカニカルキーボード カスタマイズ自在 左手ゲーミングキーボード 23キー マクロキー RGBバックライト 片手 小型キーボード ショットカットキー プログラマー向き DIYキーボード (赤軸 RGB(ブラック))
となっている。


特に素晴らしいのが、23個のキーに好きなキーを割り当て、キーキャップを変えることで違うキーにできるということ、だが。

青軸はカチャカチャうるさいので赤軸にしたんだけど、これはこれでちょっと問題があった。

IMG_5057.JPGIMG_5056.JPGIMG_5055.JPG

↓内容は、本体、キーキャップ、キーキャップ抜き、USB-AtoUSB-Cケーブル、ゴム足、マニュアルとなっている。
IMG_5059.JPG

スイッチは赤軸。接続はUSB-C。
IMG_5058.JPG


このキーボードは、アプリを別途ダウンロードしてキーボードと接続すると、キー配置を自由に変更することができる。

(マクロを組めるようだけど、必要なかったので使っていない。)

キー配置を変更するのは、直感的にわかりやすく、使いやすいと思った。
AMAG.jpg
(最初に接続でキーボードの設定を読み込み、最後にキーボードに保存で書き込み)

例えば、列1行1のキーを変更する場合、列1行1をクリックして、下のキー群から設定したいキーを選ぶだけ。


だが、実際にキーキャップを変えようとすると、本来のキーボードの上段のキーと、下段のキーでは傾きが全然違うため、付属のキーキャップでは自由に変更するのは難しい。
IMG_5096.JPG

ただし、同じ段のキーを横に移動する分には、同じ形なので問題ない。


普通のキーボードのキーキャップをそのままバラして添付している感じですね。

白のキーは全く同じものが入っているようだけど。

まあ、Cities: Skylinesで使うキーはそんなに多くないので、こんな配置にした。

IMG_5097.JPG
使うのは、

1,2,3→ゲームスピード

WASD→画面の方向

QE→画面の左右回転

RF→上~横の視点変更

Page Up Down→地上/地下

B→オブジェクトの破壊

ESC→ウィンドウのキャンセル

0Ins→ゲームのスタート/ストップ

Cities: Skylinesの場合、ゲーム内でショートカットを変更できるので、それでも良いんだけど、デフォルトをあまり変えたくない人向けかな。

左手はこのキーボード、右手はマウスでほぼ不自由なく操作できるようになった。

名称変更は、普通のキーボードを併用するしかないけど。


ちょっと失敗したなと思ったのが、赤軸を選んだこと。

青軸はカチャカチャうるさいので赤軸にしたんだけど、赤軸は押している感触がない。

なので、ゲーム中に指をおいているだけで、画面が左にスーっと移動したりする。


キーボードとしては問題ないので、キーを茶軸に変更しようかなと考え中。

分解してみて、可能であれば、だけど。



アプリで光り方も変更できる。

デフォルトの光り方も綺麗で良いと思う。消すこともできる。
IMG_5098.JPG

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0