左手キーボードの赤軸を茶軸に変更する。その1

PC
前回購入した左手キーボードですが、赤軸で押した感触がほぼないので、誤動作の原因になるため、茶軸に変更することにした。

分解します。

(まっさらの状態を取り忘れたので、幾つか付け替えたあとの画像です。元のはんだ付けは非常に綺麗でした)
IMG_5099.JPG

見ての通り、キースイッチがはんだ付けされているので、はんだを外していく必要がありますね。

先に私が使用した工具は、
IMG_5100.JPG
・はんだごて
・はんだごて台
・細いニッパー
・ピンセット
・細いドライバー
・この製品に付属のキーキャップ抜き
・はんだ吸い取り(なんていう名前だ?)
・はんだ
IMG_5063.JPG
音響用って書いてあるけど、まあ良いだろう。(少し太い)

※はんだ吸い取りが無いと厳しいが、付いているはんだを再利用する感じで上手くやれば何とかなるかもしれない。


ヨドバシカメラで茶軸のキースイッチを購入した。
IMG_5095.JPG
10個で実質900円くらいか。

(10個中、1個スカスカで感触がないものがあった)

23個のキーを全部交換する場合、3つ要るので、3000円くらいかかることになりますね。


※はんだごては使えるものとして、使い方は省略させていただきます。

外したキースイッチ
IMG_5064.JPG
左は購入したCHERRY茶軸、右は製品の互換赤軸。

互換なので似てはいるが。
IMG_5065.JPG
IMG_5066.JPG
IMG_5068.JPG
ちょっとピント外れた。iPhoneでピント合わせるの難しい。

はんだ付けされている台はそのままで、上側だけ変えられないかとも思ったんだけど、
IMG_5069.JPG
全然形が違う。

(指荒れてるなぁ)

CHERRYの方は、蓋の開け閉めが楽だった。
IMG_5101.JPG
爪に、ピンセットを突っ込むと、簡単に開きます。

IMG_5104.JPG


赤軸のキースイッチを取って、代わりに茶軸のキースイッチをハメるわけですが、その際にはんだを取る必要があります。

それでハンダ吸い取りで取ろうとしましたが、内部に入り込んでいるはんだまでは取れない。

ですが、幸い2本の足で固定されているので、

片方加熱→少し引き抜く。
もう片方加熱→少し引き抜く。

を繰り返して、キースイッチを引き抜きました。

※その際、ある程度強く引っ張りながらやる必要があるので、キーキャップと、キーキャップ抜きを付けたまま引っ張ります。

引き抜いたら、はんだを吸い取って、茶軸のキースイッチを差し込みます。


そこで一つ気づきました。

LEDが邪魔で入らない。

仕方なく、茶軸の蓋を開け、干渉する箇所をもぎ取ることにしました。

そのため、ピンセットと、ニッパーが必要になりました。
IMG_5103.JPG
下の方もぎ取り済み。

慣れると簡単にできますw

左上、スイッチを抜いたところ。右下、もぎ取ったスイッチをハメてみたところ。
IMG_5071.JPG
強度的には問題なさそうです。

付ける際は、裏側からはんだとはんだごてを当てるだけです。
IMG_5073.JPG

強く押し込みながら、隙間がないように付けます。

隙間ができた場合は、加熱しながら押し込みます。


はんだ吸い取りがない場合は、加熱しながら、無理やり押し込みます。

そうすると、はんだを再利用できる・・・。

ただし、2箇所同時に加熱することができないので、2箇所ともはんだが残った場合は難しいです。


LEDの光り方が変わりました。
IMG_5098.JPG
元々のクリアの箇所は太い光ですが、もぎ取った箇所は光が細くなっています。

QWER、ASDF、Bですね。

1個不良品だったので、付けませんでした。



一先ず、10個だけ購入したので、残りは後日になります。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0